起業資金の調達方法とは?がわかるサイト

岩松勇人流の起業資金調達方法とは

>

そもそも資金は必要なのか

やり方次第でどうにでもなる

起業するときに必要な資金は、何百万円単位またはそれ以上というイメージではないでしょうか。
それでは、それらは何に使うのでしょうか。
会社を興す場合、株式会社であれば1円から始められますね。
しかし、資本金という大きな壁があります。
ある程度の資本金は必要で、その会社の信用度を測る指標にもなっているからです。
資本金は大きければ大きいほど、その会社の資金力になるわけですから、取引をする側にとっては安心できるわけです。
ですから、形からしっかりと「会社」を作るのであれば、まとまったお金が必要になってきます。
それでは、個人営業ではどうでしょうか。
実際に会社として機能させるのはもう少し後にして、まずは商売をしてみる。
顧客や販路を確立して、収入が安定したところで会社にするという方法なら、はじめに大きな額は必要ありませんよね。
副業で起業する場合などは、こちらに当てはまるのではないでしょうか。

手っ取り早い方法

一番良い方法は、自分の資産を使う事です。
ある程度の貯えがあるのなら、それを元に会社を始めれば、自己責任で誰にも迷惑をかけませんし、負債も発生しません。
でも、そんな資金なかなかないですよね。
岩松氏は、親や親類から借りる、という方法もあると話します。
確かに、全くの他人から借りるよりはハードルも低いですし、返済などもある程度融通が利く相手ですね。
身内からお金を借りる場合でも、自分がやりたい事業について、理解を得ることは必要です。
そのためにはやはり具体的な事業計画や資金計画が大切になってきます。
どれだけ情熱があっても、実際にビジネスにならなければ意味がないですし、そうした判断をストレートにしてくれるのも身内だからこそです。
資金調達先として考える、一つの道ですね。


この記事をシェアする