起業資金の調達方法とは?がわかるサイト

岩松勇人流の起業資金調達方法とは

>

取り巻く環境

資金調達

自己資本とは、資金調達で出資者から調達した資本金や、企業の内部留保である、剰余金です。
外部資本である、借入金や社債などとは違うので、返済の義務はないものです。
自己資本を投じて、起業するのが、基本になります。
利子の負担がないし、経営が保持出来て、自由度が上がります。
資金量が限られ、万が一、事業を清算した場合は、自分の財産をすべて失います。
社員持株会とは、設立する会社の資本金を、社員が出資し合う方法で、規約と組織、理事が必要。
他企業に、株式を譲渡し、出資を受け入れる。
会社の株式譲渡比率50%超えで、事実上の経営権を譲渡した状態になってしまうので、出資者と交渉することが必須。
コネが必要になるので、イベントなどの参加で懇意になる等の、おつきあいが必要になります。

借り入れ

起業家保有株比率が低下するが、資本のかわりに、ベンチャーキャピタルの出資を受け入れることができる。
上場を狙っている有望な起業家に限られる方法です。
顧客やパートナーの紹介、経営に関するアドバイスを受けられるメリットはあります。
個人で、消費者金融などに借り入れるのは、利息がかなり高いので出来れば避けたい。
事業資金以外の融資事業への流用などの場合、個人の信用で容易に申し込むことができる。
自分の親族や知人から資金を借り入れる方法は、身内とリスクを共有することになるので、よく関係性を考えてからにするべきです。
銀行からの、資金の借入れは、設立直後の会社では、難しい。
銀行の知名度は高く支店も多いが、起業の際には向かない資金調達方法です。
日本政策金融公庫は、国民生活事業において、起業家の創業時に、融資を取り扱っている。
事業をはじめる都道府県や市町村区等の自治体が行う、低金利の、制度融資もある。


この記事をシェアする