起業資金の調達方法とは?がわかるサイト

岩松勇人流の起業資金調達方法とは

>

ポイントは起業資金であること

人脈が金脈

例えば誰かと共同で会社を立ち上げる、資金援助してもらえる人を見つけたなど、自分一人でやらなくても、協力者がいることで楽になる場合があります。
そして、起業の際に生かしたいのが人脈です。
事業内容に興味を持ってくれる人が現れるかどうかは、起業するはじめのハードルになるのではないでしょうか。
誰かが応援してくれる、手を貸してくれるという状態はとてもありがたいですし、気持ちも楽になりますよね。
例えば起業家が集まるような会合に顔を出してみる、伝手を辿って資金を調達する方法もあります。
資金調達や運転は、実際に仕事をしていく上で不可欠な要素ですが、できれば仕事に集中したいものです。
人を上手く使う事で、お金も上手く回ることもあるわけです。

向かない資金調達法

一方であまり活用できない資金調達法もあると、岩松氏は言います。
金融機関等の融資です。
特に起業に関する資金を融資してくれることはほとんどありません。
法人への融資を決めるのは、回収が見込める先であるかを判断する、会社の安定度信用度を見るため、新規の会社に融資枠が出ることがないためです。
どれだけ魅力的な事業内容でも、起業時に金融機関の融資は見込めませんので気を付けましょう。
また、個人の信用でお金が借りられる消費者金融の利用も、高利であることから運用が焦げ付くことが懸念されますので、あまりお勧めできません。
必ず返せるお金がある、超短期であるといった条件が必要になります。
一長一短ですが、資金をどう使うかによって、調達方法が変わってくる理由がわかりますね。


この記事をシェアする